日本の歴史や文化が詰まった日本刀を収集する!日本刀の種類や管理について詳しく紹介

このサイトでは日本刀の種類や時代性、購入するときのポイントについて広く紹介しています。
最近ではアニメやゲームで、刀がピックアップされることが増えています。
そのため特定の刀名を見聞きして憧れを抱く人も多いことでしょう。
しかし意外と知らないのが実際の知識です。
刀にはどんな種類があるのか、購入や管理の仕方など、知らないことばかりです。
そういった実際の知識を得ることで、より楽しく日本の刀に親しめることでしょう。

日本の歴史や文化が詰まった日本刀を収集する!日本刀の種類や管理について詳しく紹介

日本刀にはいくつかの種類がありますが、ここでは「太刀」「打刀」の違いについて説明します。
「太刀」は2尺(約60cm)以上の長さを持つ、大きく湾曲した刀のことです。
振り下ろしやすい太刀は騎馬戦に向いており、鎌倉時代によく用いられました。
戦国時代になり、徒歩による集団戦が戦の主になると「打刀」が主流になります。
私達が日本刀と聞いてイメージするのは「打刀」です。
また日本刀の管理は、油を塗ることで錆びを防ぐのが基本です。
よく映画などで日本刀の手入れとして紙で拭っている場面を見ますが、これは古い油を拭っているのです。

日本刀の手入れってどうすればいい?

まずこれまで手入れをしてきた歴代所有者と日本刀に感謝の意を込めて一礼します。
それから日本刀を袋から出し、鞘から刀身を出せる程度にします。
邪魔にならないように袋を縛ります。
釘抜きの平らな面で目釘を押し緩めます。
右手の親指を左手の付け根に当て、サヤを破るように力を入れます。
刀身が鞘の側面に触れないように注意しながら、ゆっくりと鞘から刀を引き抜く。
左手の付け根を右手のこぶしで叩くと、刀身が柄から少し飛び出すはずです。
次に柄の下を握って刀を抜く。
油取り専用の色分けされた油で、刃の背側から拭き、古い油の大部分を除去します。
中子の方を拭き、中子の錆が磨いた刃に移らないように注意しながら、刃の長さに沿って拭いていきます。
内子玉を刀身にそって非常に優しく、後縁と平らな面だけを叩いて、内子粉を刀身全体に行き渡らせます。
柔らかいティッシュか、起毛した綿の布で、刀身に推奨される刀剣用オイルを薄く塗ります。
この時中子の錆が刀身に移らないように、また、ムネを忘れないように注意してください。
刀身に十分な油が塗られていることを確認します。
油の塗りすぎは鞘の寿命によくありません。
それから柄交換として刃を慎重に柄の中に入れます。
手のひらで柄の根元を軽く叩きカチッと音がして、正しくはまったことがわかります。
刀を鞘に戻して袋に入れたら元の位置に置きます。
最後にお辞儀をしてお手入れは終了です。

日本刀を美しく保つために適した保管場所

日本刀を観賞用に自宅に置く人が多くなっています。
その際に気を付けたい保管方法や保管場所、長期間の保管をしたい場合にはどうしたらいいのでしょうか。
日本刀の刀身については、湿気を避けた場所に適しています。
その際、鞘に入れて保管するのが一般的ですが、立てかけて置いたりせずに、横にして置いておく事がポイントです。
理由としては、鞘には錆防止の為絶やさず刀身に塗っている油が多少なりとも中で動き、立てかけておくと鞘の先の方に油が溜まってしまう事があるからです。
また、刀身は湿気を嫌いますが、鞘については、ある程度の湿気を必要とします。
近いイメージとしては、ワインを管理するワインセラーのようなイメージでしょうか。
湿度も大事ですが、一日や一か月の温度の変化が少ない方が、水分の付着を防ぐ事が出来ます。
勿論、直射日光が当たる等は論外になります。
それでももし日本刀が錆びてしまった場合は、素人が手を出すべきではありません。
錆を取る方法は色々ありますが、日本刀はとても繊細な管理をする事で美しさを維持する事が出来るので、信頼出来る研師に相談すべきです。

日本刀のおすすめな飾り方と置き場所

日本刀の飾り方でおすすめなのは、刀掛けの上に置くというものです。
刀掛けとは木材やアクリルなどで作られているもので、横向きに全体を支えておくことができます。
しなっている刀でも安定して飾ることができるので、地震などが起きても安心です。
展示用のケースを作ってもらうのも良いでしょう。
刀掛けは抜身で飾ることはできませんが、専用のケースならばその輝きをいつでも鑑賞することができます。
ただし錆びることがあるため、湿気が入り込まないような配慮が必要です。
置き場所に適しているのはやはり和室です。
和室ならば床の間が設けられていることも多く、日本刀の展示場所に向いています。
掛け軸などと合わせれば、とても雰囲気がよく仕上がるのでおすすめです。
和室のない家ならば、寝室に置いてみるのはいかがでしょうか。
夜間でも人がいるので、盗難の被害に遭うことも少なく安心です。
しかし安定して飾るのは難しいため、壁に刀掛けを取り付けるなどの工夫が必要です。

日本刀の種類とそれぞれの刀剣が持つ特徴

日本の伝統工芸品でもある日本刀は、アニメやゲームなどのヒットもあって、今では日本のみならず世界でも高い人気を誇っています。
日本刀にも種類があり、異なる特徴を知ることで魅力を再発見することができます。
直刀は、反りの付いた刀ができる以前に作られた刀です。
古墳時代から奈良時代にかけて制作されており、反りがほとんどなく真っすぐか、わずかに内反りで平造りや切り刃造りとなっています。
太刀は、美術館等で展示する際に、刃を下に向けて飾ってあるもので、平安時代後期から室町時代前期まで腰に吊るして用いたものです。
反りが高く、刃長は70~80センチほどあります。
刀は、太刀に変わって室町時代中期から江戸時代末期まで使用されたもので、太刀よりやや短いという特徴があります。
太刀とは逆に刃を上にして腰に指します。
脇指は30.3~60.6センチ以下のもので、刀と同じく腰に指します。
桃山・江戸時代には「大小」と言って、刀の予備として一組にして用いられていました。
この他にも短刀や剣といった小さなものもあります。

著者:岩木栄

筆者プロフィール

北海道根室市出身。
家中に飾るほど日本刀に魅せられたコレクターで、コラムも執筆しています。
日本刀 買取